真実の伝言

−これだけは伝えたかった−



データ

著者・編者名 作品の分類 ページ数
千桜子 スピリチュアリズム 194

書籍サイズ 定価(税込) ISBN
A5 2,160 978-4-903447-92-6




概要
神とは一体何を指すのか
無限のこの宇宙は、なぜ存在するのか
無数と思われる星の中に、人類はこの地球だけに存在するのか
そして、いつから私たちの魂は在り続けているのだろうか

「時」が存在しない「時の始まり」から現在に至るまでの、宇宙と地球で繰り広げられた歴史の一部は封印され、如何なるものも視ることは許されなかった


地球の創造は、日本神話の中に多くの謎が秘められている

大天使マーリンのメッセージ(時を超える聖伝説)と日本神話の共通性を見出すことにより、古代日本史の謎が解けたのです

「書け」という天上からの命により、この本ができました

それは実に興味深く、驚愕の真実の本となりました

人類はどのようにして神に創られたのか、そして人類はどのような歴史を歩んできたのか

ダーウィンの人類進化論は全くの間違いだったのです

アセンション(次元上昇)は間近に迫ってまいりました

今、人類に封印が解き放たれ「時の始まり」から今に至るまでの真実(歴史)を伝えられる時が来たのです



著者コメント
全ての生物は、輪廻転生をしております
自分の前世がどういうものであったかというのは、特別な能力を持つ方以外知る由もありません
私たちはこの三次元の物理的世界に転生するとき、過去の記憶は消されてくるのです

しかし時として、フラッシュバックのように目の前に過去の映像が見えたり、ある特定の場所や、人、物に感情的に反応したりすることが有ります

私がそれでした。

それらのお話はまた別の機会に詳しくさせていただきますが、とうとう私は自分の過去世を知ることとなり、そしてある時、鞍馬山に霊的に呼ばれていることを知らされました

そこには私の前世である源義経が、魔王尊(サナトクマラ)の脇侍として控えており、地球最後の時(これは、この三次元の世界のことを云っております)何かしらの働きをさせていただくということのようでした

それから私の人生が大きく変化して行ったのです
「正すこと」
「今することをすれ」
「書け」
等々の言葉が心に浮かんできて、その指示に従うことが自分の喜びを感じることになったのです
これはまぎれも無く、自分が転生した目的を遂行している証であろうと思います

これは私の初書でございます

まずは神の目覚め、宇宙の創造、人間の起源、そしてその永い歴史と、日本という国に与えられた使命をどうか皆様に知っていただきたい。
それが天の願いなのです

この本が一人でも多くの方々の手に渡られますことを祈っております



目次
第一章 目覚め
第二章 人間誕生
第三章 天使
第四章 地球の意味
第五章 地球誕生
第六章 人間の出現
第七章 救世の使者
第八章 第二の使者
第九章 カルマ
第十章 トートヘルメスの出現
第十一章 新アトランティス
第十二章 クリスタルスカル
第十三章 アトランティスの崩壊
第十四章 古代日本史の謎
第十五章 蘇我と物部の対立
第十六章 密教の取り入れ
第十七章 武士の現れ 源九郎義経
第十八章 阿弥陀如来とは
第十九章 蝦夷・アイヌ民族




立ち読み

購入の方法

本棚

トップページ