巧妙の灯り



データ

作者名 作品の分類 ページ数
河村全明 小説 60

書籍サイズ 定価(税込・円) ISBN
B6 1,080 978-4-903447-22-3




概要
世の中には、色々な本が出ているが、これといって目新しい本が見付からない。それは自分に不足した何かだが、結局は、本はめぐり逢いだ。そこで思い付いたのが、自分とは何かを知ることによって手段を得ようとした。しかし、それは自分にとっての未熟だ。そこで考えたのが、人間性をテーマとした内容である。人間の発見は驚くほど進んでいる。昨日の夢が跡形もなく、今日を現実と受け入れる為だ。人間はより多く学んで、暮らしを豊かにした。人間の存在は白日夢のように襲った。起きて現実の夢の中だ。このような社会である。自分の可能性を高めるのも魂胆だ。その灯りに巧妙をもたらすものは自分しかいない。自分の可能性は存在を大きくする。それが強いて言えば、未来である。より多く学び、存在感を身に着けるのも務めだ。定めの意図は、より多くの読者の期待に答えるべきだが、果たして可能性の扉は開くのか。呪文は唱えてあるので、自分の可能性と比較すると面白い。可能性は未来だ。人間は過去から現実だ。感動の呪文を唱えてみよう。読者へのアピールは、これくらいにして、内容は短編である。学びやから人間が伺われる。感動を伝えるのに、 本は良い手段だと思う。

目次

 泥鰌の翁

 坊主の釣り鐘

 洞窟の人間

 死者の旅



立ち読み

書籍の購入方法について

本棚

トップページ