英語が喋れないチャリおっちゃんの旅



データ

作者名 作品の分類 ページ数
四方順次 エッセイ 186

ISBN 書籍サイズ 定価(税込・円)
978-4-86420-072-1 四六判 1,836





概要

ヨーロッパを自転車で一人旅。70日間で全行程4千キロ。



著者コメント

私はサラリーマンを定年退職した65歳です。

単独での海外旅行は初めての経験でしたが、平成24年の春から夏の70日間、自転車でヨーロッパ8か国4,000kmを一人旅してきました。

英会話もろくに出来ないがために右往左往しなければならず、日々大変なストレスを感じながらも「よーし!行くぞ」との強い気持ちだけで、目に映るものや肌で感じることなど素晴らしい楽しい旅をすることが出来ました。 ただ、道中で自転車やパスポートそれにクレジットカードの盗難などスッテンテンになるアクシデントに遭い想定外の状況に面しましたが、窮すれば通ずでなんとかなるものだと終わってみればよい思い出の体験をしました。

いろんな人たちがヨーロッパの自転車一人旅をネットに載せています。それらを参考にして、準備に6ヶ月ぐらい掛けてコース設定や必要な事柄を事前に調べました。そして、国内で1週間から10日間ぐらいの自転車旅を数回体験し、準備しなければならない物や事柄をまとめました。

本を出そうと思ったのは、自分の冒険の足跡を残しておきたいとの思いと同時に、英会話もろくに出来ない60過ぎの「おっさん」でも楽しい自転車一人旅ができた体験内容を読んで頂き、「よ〜し!俺も第二の人生、いろんなことにチャレンジしよう」と思って頂ければ幸いと考えたためです。

是非共、この本を手に取りご一読頂ければこの上なく幸甚に思います。

四方順次



目次

第一章 旅の準備
 一.ルート作成
 二.持参物一覧表作成
 三.各国の言葉集作成
 四.予算作成


第二章 アムステルダムからヘルシンキへ
◎オランダ編(5月29日から6月5日)
ドキドキワクワク / とんでもない初日 / 綺麗なマダムに / 恐怖と緊張感で身体がカチカチに / リンゴと水のディナー / チャーミングな嘘つき女 / 目の前に全裸の女性が / 「警察や〜」で通じた / 電話でひと苦労 / 宿が見つからず大慌て

◎ベルギー・ルクセンブルグ編(6月6日から20日)
自転車置き場探し / 一瞬のうちにスッテンテン / 日本人は最高のカモって本当だった / ブレックファースト時の出会い / 店員の手を撫で摩りするも効き目ナシ / 現ナマに勝るものナシ / 私を見てニッコリ / ハーヒィハーヒィな一日 / なんとも不便なトイレ事情 / やはり詰めが甘かった / 裸で快適快適 / 豊かな小さな国

◎ドイツ編(6月21日から7月8日)
憧れのモーゼル川サイクリング道へ / ドイツばあさん剣もホロホロ / すけべ〜心丸出し / オシッコが近いと大変 / 日本の交通機関は最高 / 久し振りに快適なチャリ旅 / いい加減なドイツポリスマン / ドイ ツ平原360度の眺め / 全裸おじさん / 美容室でコーヒー / 農村での宿泊 / インターフォン越の予約交渉 / 豪華な夕・朝食付でたったの30ユーロ / GPSも頼りにならず / 不思議なストリート・パフ ォーマー / チャリおじさんに助けられた / 漕いで漕いで漕ぎまくりの日 / みるみる腫れ上がった右手 / 曜日の感覚が無く困ったことに

◎デンマーク編(7月9日から13日)
ホテルは古びたアパートの一室 / 突然、目の前にオーナーが / クレジットカードが使用不能に / 一転、焦りまくりの事態に / 物凄い引力 / またしても自転車屋探しでウロウロ

◎スウェーデン編(7月14日から28日)
日本の建築技術の凄さを実感 / 地図の場所にホテルがない / 案内された部屋はびっくり仰天 / 頭がボケてきた / ユースホステルは別荘 / 老人会がケーキとコーヒーを / オー! クレイジークレイジー! /  視線はくぎ付け / やはり日本はナンバーワン / 気の良いインドネシア人 / 「これ只?」が通じた / ニコニコしながらチョコを / 湖畔沿いに快適なサイクリング / 素泊まり宿泊費はぼったくり / キャリアが折れて万事休す / 懐かしい日本語 / きゃしゃな女の子はプロのカメラマン / 下見までしても乗船できず

◎フィンランド・エストニア編(7月29日から8月7日)
豪華客船のクルージング / 日本の家庭料理 / えくぼが素敵な女の子にサンキュウ / 大聖堂が窓の真ん前に / 湖に囲まれた街 / 超ミニスカートの美人 / 予約が入っていないユースホステル / ヨーロッパの古き良き時代の街並み / 街全体が世界遺産 / プラットホーム探しでグッタリ / やっと日本に帰国


あとがき





立ち読み

書籍の購入方法について

本棚

トップページ