『比較文化の理論と実証研究』

―日台両国の学歴観の比較研究を中心に―




データ

作者名 作品の分類 ページ数
魏世萍 社会学 344

書籍サイズ 定価(税込・円) ISBN
A5 2,640 978-4-901351-27-0




概要
日本比較生活文化学会1998年度最優秀論文賞を受賞した魏氏による博士号論文。 比較文化研究における未開拓の領域に着手し、理論・実証の両面において注目すべき発見と創造がなされている。 緻密な比較文化理論を構築し、日本・台湾両国における学歴観の比較研究により実証を試みる。

目次
序章

第T部 比較の概論
    第一章 比較の通用性
    第二章 比較とは
    第三章 比較の構成要素
      1 異同とは
      2 比較の視点
      3 比較の構成要素
    第四章 比較と認知
    第五章 比較の応用
      1 比較と計測
      2 比較と特質
      3 比較と分類と選別
      4 比較と比喩
      5 比較と類比と類推
        まとめ

第U部 比較文化研究方法論
    第六章 文化とは
    第七章 比較文化研究とは
    第八章 比較文化研究方法論
      1 比較項目群と比較点
      2 相異点それとも相同点を重んじるべきか
      3 比較の単位
        まとめ

第V部 学歴社会における先行研究とそれに対する批判
    第九章 ドーア説
    第十章 岩田説
    第十一章 その他の諸説
         まとめ

第W部 実証研究
    第十二章 学歴観における比較研究
      1 学歴観とは
      2 如何にして学歴観を比較するか
      3 研究目的
      4 台湾という比較単位について
    第十三章 第一比較項目群 ―言語文化
      1 諺(ことわざ)と社会文化との関わり
      2 調査範囲と調査方法
      3 諺における比較研究
      3−1 比較項目一 政治生活
      3−2 比較項目二 経済生活
      3−3 比較項目三 教育観
      3−4 比較項目四 成功観
      3−5 比較項目五 人物像
      4   まとめ
    第十四章 第二比較項目群 ―政治制度
      1 官僚制化と学歴主義との関わり
      2 研究範囲と研究方法
      3 公務員法における比較研究
      3−1 比較項目一 国家公務員
      3−2 比較項目二 地方公務員
      3−3 比較項目三 教育公務員
      4   まとめ
    第十五章 第三比較項目群 ―経済体制
      1 経済体制と学歴観の関連性
      2 経済体制における比較研究
      2−1 比較項目一 初任給の学歴間格差
      2−2 比較項目二 雇用慣行
      2−3 比較項目三 高学歴高失業率コンプレックス
      3   まとめ
    第十六章 第四比較項目群 ―社会事件
      1 比較文化研究における新聞記事の意義
      2 研究範囲と研究方法
      2−1 比較項目一 学習塾
      2−2 比較項目二 金権対教育権
      2−3 比較項目三 学歴の威光
      3   まとめ

終章

参考文献


立ち読み

購入希望の方はこちらへ

本棚

トップページ