【 tps 】

《 太陽出版システム 》


【 tps 】( 太陽出版システム )とは?

◎未来型総合出版社・太陽書房の最先端出版ツールです。
詩や小説、短歌や俳句などの文芸書、哲学や歴史などの学術書、エッセーや自分史などの自費出版本まで、未来型出版社の最強出版ツール 【tps】 によって幅広い分野の書籍を出版することができます。

◎幅広いジャンルの書籍を発行しています。
未来型総合出版社として、これまでに1,200点以上の書籍(自分史等含む)を発行してきました。中学・高校生の小説・詩集から大学研究者の学術書・専門書まで、取り扱うジャンルは様々です。幸いにも、各分野の最前線で活躍している執筆者の方々からご支持をいただいております。【 tps 】を利用して、ご自分の書籍を5点以上、あるいは10点以上発行しているリピーターの方々も少なくありません。

◎永久出版に対応しています。
一度出版した書籍は、絶版にさせません! 必要な時に必要な分だけ、ご自分の書籍を入手することができます。また、5年後も、10年後も、アナタの書籍を未来の読者へお届けします。


【 tps 】の主な特長

@【格安の出版費用】
・一般的な自費出版サービスの【10分の1】の費用で出版できます。
・月額1万円からの分割払い(無利子)もご用意しております。

A【永久出版】
・執筆者が在庫を抱えるリスクがありません。
・初版発行後は、随時一冊単位で書籍を注文可能。費用は『本代+送料』のみ。
・第三者から注文があった場合、当社負担にて配本します。著者の経費負担なし。
・絶版は存在しません。

B【ISBN】(国際標準図書番号)
・付与します。国立国会図書館など、全国の主要データベースにて検索が可能。

C【流通】
・直取引に対応している全国の書店・大学生協等に書籍を流通させます。

D【Yahoo!】
・ネット最大手ショッピングモールにある当社直営店【太陽書房(Yahoo!店)】に掲載・販売することができます。

E【アマゾンジャパン】
・ネット書店最大手のアマゾンジャパンに掲載・販売することができます。

F【印税】
・毎年一回、売上を集計して印税(税別定価の5〜10%) をお支払いします。

G【表紙・カバーについて】
・表紙やカバーに《こだわり》を持ちたい方々のために、ご自分で用意した画像(写真やイラスト)を設置できる無料サービスをご提供します。


【 出版までの流れ 】( 通常1〜2ヶ月 )

@原稿の提出
原稿データをEメールに添付して、太陽書房編集部までお送りください。この方法で原稿が送れない場合はご相談ください。原稿の提出に際して、氏名、住所、郵便番号、電話番号、そして【 tps 】である旨をご連絡ください。

A本文の校正作業

B表紙・カバーの校正作業

C太陽書房HPへの書誌情報の掲載

D印刷・製本・配本


【 出版費用 】

【 tps 】 の出版費用は『編集費』『書籍代金』の2点です。

@編集費: ページ数 x 200円 + 50,000円(税別)

A書籍代金: 定価 x 冊数 + 送料400円(税別)

・上記の「ページ数」とは、400字詰め原稿用紙換算の固定値です。
・原稿サイズが100ページ以下の場合、「ページ数」は一律『100』となります。

【 分割プラン 】
※編集費のお支払いを、月々1万円からの分割払い(無利子)にすることができます。
※詳細は太陽書房編集部までお問い合わせください。


【 オプション 】

@文字入力
・手書き原稿を提出される場合、文字入力料が生じます。
・文字入力料 ・・・・・・・ 1.5円/文字(税別)

A画像配置
・本文中に画像(イラスト・写真・図表等)を配置することができます。
・画像編集料 ・・・・・・・ 1点につき1,000円(税別)

B帯
・帯デザイン編集費 ・・・・・・・ 20,000円(税別)
・一枚あたりの帯代は、書籍代金に加算されます。

C見返し
・本文と表紙の間に配置する装飾用および補強用の色紙です。
・書籍の強度や作品全体の雰囲気にも影響を与えるので、選択をお勧めします。
・見返しの標準オプション(水色) ・・・ 10,000円(税別)
・色の選択を伴うオプション ・・・・・・・ 30,000円(税別)

D改版と増刷
・初版を発行後、新たに文章を追加・削除するなど「改版」をすることができます。
・改版編集費: ページ数 x 300円 + 消費税
・改版作業を伴わない「増刷」の場合、改版編集費はかかりません。


本棚

購入

リンク

Eメール

トップ


未来型総合出版社・太陽書房 では、日本国憲法の保障する人権尊重の立場から、出版のあらゆる手続きにおいて作者の年齢、性別、国籍、思想・信条、その他に基く一切の制限、差別および選別をいたしておりません。また、執筆者および購読者のプライバシーは固く保護されております。