音楽はカリヨンで



データ

著者・編者名 作品の分類 ページ数
蒼風薫 詩集 120

書籍サイズ 定価(税込) ISBN
B6 1,620 978-4-903447-86-5




目次
プロローグ
朝陽の子・夕陽の子
あなたはどこにもいませんでした
花占い
白い靴
風の歌を聴いた
あの音霊
春遠からじ
静かな歌
ご馳走
みんな、幻
異端の子
午前三時のお客さま
夜明け
『……』と云うものを
飯を炊く老婆
未来の海
憧憬
今日も風の中で
朝猫
Souvenir
絵空事日和
白旗
わたしは卵
招待状
秘訣

罪作りな君
ララバイ
ラズベリーのソルベ
月無夜の乙女心
天国への階段
影ふたつ
貝の殻
谷間にて
また、ね

秋のパララックス
秋空
空よ
命の限りに
凪の海原
エスプレッソ・ララバイ
矛盾恋歌
レアチーズケーキ
諦観のゆくえ
忘却舟歌
ある晩の出来事
海の子ども
雀になったおばあさん
未練
音楽はカリヨンで
愛に飢えたら食べなさい
約束
エピローグ




概要
***

世代を超えて誰もが多かれ少なかれ抱え込んでいる、痛み・トラウマ。わたしも日々、そんなものたちに押しつぶされそうになりながらやっと生きています。ただ、いつしか詩作によって痛みやトラウマを(詩として)少しでも昇華させる術を学びました。

不思議なことに今では時と場合によってそんな痛み・トラウマあってこその、この自分に一種の誇りのようなものを徐々にではありますが持てるようになってきています。

***

詩を書き始めた当初(二年半ほど前/2007年初夏)は訴えたいことを直接に描く傾向にあり、泣き言、明らかなる悲しみの表出が多かったことは確かでした。そしてそれらの詩を否定できないわたしが「ここ」に在り、いつまでもこころのどこかに大切に置いておきたい思いもあります、なぜなら彼ら(過去作)あってこその今のわたしの描く詩の誕生があるわけで、またこの切実な一冊として、詩篇たちのうち五十余篇が実を結ぶこともできたのだから。

けれどいろいろ考えた末にこの第一詩集にはあえて私小説ふうのものはなるべく載せない、あるいは載せてもごくごく少数とすることとし、テーマも特に絞ることなく自作詩紹介のように纏めてみました。ほとんどが近作です。

***

もしも再び生まれ変わるとしたら、きっとまた自分、きっとまた詩を書くひとりの女であるでしょう。願望・予感ではなくて、これは確信です。率直に言ってしまえばそんな感傷のようなもので胸をいっぱいにしながら、この『音楽はカリヨンで』を世に問うてみることにしました。愛されますように…



立ち読み

書籍のご注文方法について

本棚

トップページ