天下の剣



データ

作者名 作品の分類 ページ数 書籍サイズ 定価(税込・円)
河村全明 小説 46 B6 1,080

ISBN
978-4-903447-80-3




著者コメント
スター性について考えて見ました。すると、手乗り文鳥など小鳥と、蛇など野獣と思い付くのは身近かな動物です。スコップをアイドルにしたり、武器を手にする心境を告白したりと、アイドルのスター性と身近かな動物達との共有が、即ちアイドルと呼べるスターだ。狸では大人しく、幽霊やらを持ち出しましたが、狸と呼べるのは自分の中の鼓だ。ポンポコポンと狸の腹が煮えくり返る。化けるにも、狸では嘘に化けた。大きな嘘が付きたいな。それで人間を誑かし、狸と添い寝だ。私は狸であるよ。身近かな題材から取りましたが、今まで自分は何をしていたのだろう。この世は夢の中であり、醒めたらいけないのだ。夢の続きを見る為に、狸に身を窶し、ポンポコお腹を叩いている。ポンポコポーンと遠くに聴こえる。今日も又、旅だな。遠くにカラスが騒いでいる。この旅は長くなりそうだ。三本松までカラスの通り雨だ。ネオンが眩しいぜ。


目次

1  自己暗示
2  動物たち
3  士農工商
4  花火



立ち読み

書籍の購入方法について

本棚

トップページ