『独楽つぶり』(こまつぶり)



データ

作者名 作品の分類 ページ数 書籍サイズ 定価(税込)
山田未来穂 130 B6 1,620

ISBN
978-4-901351-04-1




作者からのコメント
まいにち、つぶやくようにして書いた120編の詩は、何をするにも歩みの遅いわたしの、よい話し相手でした。
もんしろちょうが飛ぶぐらいの速さで、ゆっくり歩いていて出会えた、たくさんのひとや、ものたちのおかげでこんな詩集ができました。

読者からのコメント
「山田未来穂さんは、ちょうど良寛和尚の一人遊びのように、言葉の中で遊ぶのですが、相手は未来穂さん自身だったり、仏様だったり、蟹だったり、にんじんだったり、風だったり、どんぐりだったり、絵画だったり、あらゆるものが未来穂さんの話相手になります。話相手は未来穂さんの大切な友だちですから、語り言葉はいつもやさしく慈愛に満ちています。うれしいことも、沈んだ気持ちも、語ることで、うれしさが倍増したり、哀しみが軽くなることがあります。未来穂さんは、一つ一つの感情をそうやって整理してきたのだろうと思います。」

南風一



立ち読み


購入希望の方はこちらへ

本棚

トップページ