貝殻の首飾り



データ

作者名 作品の分類 ページ数
河村全明 小説 60

書籍サイズ 定価(税込・円) ISBN
B6 1,080 978-4-903447-34-6




概要

『天国とは坊主の領分だ。それを犯すとは審判が必要だろう。判定は辛うじて免れた。最悪はトドメを刺されたのだ。人間が生きて行く過程で、人間とは生命の延長線だが、しかし、勇気の要ることだ。必要な悪を見習うより、勇気を試して合点した方が得だ。必要な心胆は焼き芋でもビタミンは豊富だ。人間はビタミンにならなければいけない。その事は裏地が大事である。魔王は天国も地獄にしてしまう。魔物の住処だ。人間の立ち入る暇はない。しかし、魔物も勇気を必要とし、悲願に涙する。願望から栄えた魔物の正体は、天国と地獄に咲く。やはり器が大事である。年輪を重ね、風雪に耐え、偲び難きを凌いで、器を手に入れる。雪が落ちても天国だ。人間は立ち止まる勇気が必要だ。地獄とは忝ない。』作者より


目次

 木の葉

 焼き芋

 漁り火

 白い薔薇



立ち読み

書籍の購入方法について

本棚

トップページ