『死を憐れむ歌』



データ

作者名 作品の分類 ページ数 書籍サイズ 定価(税込・円)
喜多川豪 小説 392 A5 2,160

ISBN
978-4-901351-30-0




概要
東京の大手・大日銀行グループの総帥鬼村平蔵の命を受け、大阪の中堅・不動銀行へ出向することとなった宮山冴子。 それは、かつて高校生の冴子をもてあそんだ不動銀行副頭取・檜山丈太郎との因縁の再会を意味していた。

同じ頃、冴子の父・花田鉄三の経営するおもちゃ工場が、不動銀行から融資停止の宣告を受ける。 鉄三の衝撃的な死、そして妹・繭子との再会。 冴子は、不動銀行を牛耳る檜山への復讐を誓う。……

緻密な心理描写とスタイリッシュな文体で描く、原稿用紙1千枚の本格サスペンス小説。


立ち読み

購入方法について

本棚

トップページ