せんせのたまご 2016

物語・教材分析と創作 第5集

(初等国語科教育系同人誌)



データ

編者名 作品の分類 ページ数
白瀬浩司 教科教育学 170

ISBN 書籍サイズ 定価(税込・円)
978-4-86420-171-1 A5 1,512




概要
九州女子大学の学生たちによるアンソロジーの第5作。



物語を読み解く楽しさを子どもたちにも伝えたい。そんな願いを持ち、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭をめざす『せんせのたまご』たちが、小学校の国語教科書に掲載された絵本・童話・小説の教材分析に挑み、その構造や主題について読み解いていきます。

執筆者たちと同じく保育者・教育者をめざす学生の皆さん、あるいは、既に保育・教育の現場で働く実践者の皆さんに、是非、お読みいただき、ご批正賜りたく存じます。

さらに、いまの小学校国語教科書にはどのような物語教材が掲載されているのかと興味をお持ちの皆さん、絵本や童話の作品内容を紹介するガイドブックを求めている皆さんにも、手にとっていただければ幸いです。(編著者)



目次

第一節講座指針

絵本『だってだってのおばあさん』を読み解く(白瀬浩司)
小学校国語科教材研究の方法(白瀬浩司)

第二節教材分析

低学年
わたしのかさはそらのいろ(岸本友里佳)
夕日のしずく(山下愛留)
あいしているから(岡山摩厘)
あしたも友だち(中山文華)
おまえうまそうだな(福島明歩)
ないた赤おに(大塚祐里奈)
アレクサンダとぜんまいねずみ(太田ひかり)

中学年
ピータイルねこ(石坂なつみ)
白い花びら(岡山摩厘)
おにたのぼうし(中島玲衣奈)
サーカスのライオン(西本稔)
はりねずみと金貨(中島夏美)
初雪のふる日(大財千穂)
世界一美しい村へ帰る(下川真弥・白瀬浩司)

高学年
世界でいちばんやかましい音(中島玲衣奈)
なまえつけてよ(大塚祐里奈)
雪わたり(石坂なつみ)
遠眼鏡の海(太田ひかり)
川とノリオ(山下愛留)
カレーライス(岸本友里佳)
きつねの窓(福島明歩)
その日、ぼくが考えたこと(中山文華)



あとがき

執筆者紹介


書籍購入の方法

本棚

トップページ