自民党への提言68



データ

作者名 作品の分類 ページ数
河村全明 エッセー 73

ISBN 書籍サイズ 定価(税込・円)
978-4-86420-044-8 B6 1,296




概要
政治の在り方について、聖職とはどうあるべきか。国民の目線を離れ、隔離した中で決められた内容に、向き合う国民の責任は果たされるのか。責任を感じ、正義だとか、人間が問われる場面で、人間を疎かに出来ない。聖職を疑わずにはおれないだろう。責任を履き違えた多くは、責任を放棄する傾向にある。また果たすべき内容を組違えている。責任を果たし、正義に失意と方法を与え、国民の目の届かぬ側で論評を差し控える。政治家だけが事外れているのだ。ハズレであるだけに事は慎重だ。人間に餌食を与え、人間に正義を教え、立場に治まった道義は、しっかり喰われれば良い。責任に人間を見失い、国民を路頭に迷わす政治なんて御免だ。



立ち読み

書籍の購入方法について

本棚

トップページ