獄知



データ

作者名 作品の分類 ページ数
河村全明 小説 35

ISBN 書籍サイズ 定価(税込・円)
978-4-86420-021-9 B6 1,080




概要
人権の尊重と、人類の救済を目的とした宗教の行いは、人類の救済するところとなる。人類の救済は、目的と範囲を絞り、救済だけでなく、未曽有の人災まで視野に入れた。宗教の行いは、人間を助け、排斥から身を守り、人間の良からぬ願望を足掛かりに据えた。手掛かりはある。しかし、人災だけに問題が多い。それを、どうするか今後の問題だ。常に、それをどうするか考えれば、問題の糸口は見えてくる。問題は、不幸な親を抱え苦しんでいる。苦しいのだから、少しでも安らぎと苦痛を取り除いてやり、人間の生きる支えとしたい。人間は生きている。



立ち読み

書籍の購入方法について

本棚

トップページ