SEASONS 2010 Winter



データ

著者・編者名 作品の分類 ページ数
soulmate grapes著/ミチタリル編 アンソロジー詩集 190

書籍サイズ 定価(税込) ISBN
A5 2,052 978-4-86420-018-9




概要
今年も、例年の口癖よろしくあっという間に過ぎてしまいました。私事とは言え、本職のほうで手際が悪い為にばたばたとしてしまい、その余波からか(いえいえ、言い訳です・・・)今年は詩作の挑戦もたった1回しか出来ませんでした。昨年まではあちらこちらに投稿していたのですが、2010年はその申込書だけがたくさん届くものの、ほとんど山積み状態のうちに締切日を過ぎている有り様です(汗)。こうなると、創作活動も定年後か(?)などと考えてしまいそうですが・・・まぁ、それまであと十数年ありますので、その間『SEASONS』への参加だけは何とか死守したいところです。皆さんの2010年は、どんな1年でしたでしょうか?

さて、小生のブログ等でもお知らせしておりましたが、いよいよミチタリル、『SEASONS』の編集マンを卒業させていただく運びとなりました。一説によると引退か(?)と心躍らせておられた方もいらっしゃったかもしれませんが(笑)、さにあらず。『SEASONS』はまだまだ続きます!!

新たな1年を迎えるにあたり、2011年春号からは募集役と編集役とに作業分担し、特に編集面での刷新を目指してSeasonsでもお馴染みのこの方に白羽の矢を立てさせていただきました。ポエトリーカフェ武甲書店の落合朱美さんです。

落合さんは日頃からお店やHPを通じてポエムとの関わりが深く、また誌面でご発表されている詩の完成度も非常に高い、れっきとしたプロの詩人さんであります。それだけでも『SEASONS』を引き継いで下さるには十分なご実績ではありますが、さらに自社レーベルから詩集などの商業出版も手掛けておられるプロフェッショナルな方でもあるのです。

今後、小生もご迷惑をお掛けしない範疇で協力を惜しまず、また投稿を継続させていきたいと考えております。皆さんも是非、更なるパワーアップを以て『SEASONS』へのご参加をお願いする次第です。以下に、落合さんからのご挨拶文を掲載させていただきます。

それでは、来年も誌上やオフ会でお会いいたしましょう! Thanks a lot!

ミチタリル


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


2011年春号よりミチタリルさんと共同で『SEASONS』を主宰することになりました、落合朱美です。2008年秋号より、皆さんの仲間に加えていただいておりますが、参加者の皆さんのフレンドリーで温かい雰囲気がとても居心地が良くて、このアンソロジーを通しての交流をずっと続けていくことができたらという思いで、微力ではありますがお引き受けいたしました。主に編集作業にあたることになりますが、これまでの『SEASONS』の素晴らしさを引き継いでいけるよう頑張りたいと思いますので、どうぞ皆様よろしくお願いいたします。

落合朱美


【 SEASONS‐plus‐編集室 】



立ち読み

書籍のご注文方法について

本棚

トップページ